前回のおさらい

こんにちは。小酒井です。

みなさんのOracle Cloud検証生活は進んでおりますでしょうか?

さて、前回のおさらいです。

opcユーザ、oracleユーザでOrale Cloudに接続するところまででしたね。

今回は早速Oracle Databaseに接続していきましょう。

まずはインスタンス作成時に指定したPDBの確認から。

前回のOracleユーザで接続した後からの状態で、sqlplusを起動しましょう。

sqlplus /nologコマンドを打ちます。

「no log = ログファイルを作らないモード?」と思うかたもいるかもしれませんが、ログインなしのセッションという意味です。

そして、as sysdbaコマンドでオペレーティング・システム認証を使用して、アクセスの認証を行います。

続いてshow con_nameコマンドで、接続先のコンテナ名を確認します。

ここからshow pdbsコマンドでPDBの一覧を表示します。

いいですねー、Database Cloud Serviceインスタンス作成時に指定した内容「PDB名:PDB1」を確認することができました。

皆さんも確認できましたでしょうか?

本来はデータファイルやREDOログ・ファイルの格納場所の確認までしたいところですが、今回はここまでです!

次回予告

ネットワーク設定(ポート開放)を行っていきます!

お楽しみに。

投稿者プロフィール

小酒井崇史
小酒井崇史
主にミッションクリティカルなシステムの運用保守やオラクル製品サポート業務の経験が多く、最近はExadata環境に関する業務も担当している。今後はOracle Cloudに関する業務も多く携わっていきたい。お客様から信頼される存在となるよう、日々精進中。