前回のおさらい

こんにちは。小酒井です。

早いものでもう12月も下旬。

皆さんのOrace Cloud検証もかなり進んできている頃でしょうか?

本連載も今年は後2回を予定しています。(今回含まず)

今回はネットワークの設定、次回はDBaaSモニター・コンソールの利用を予定しています!

尚、前回はOracle Databaseへ接続したところまでいきましたので、是非、復習もお願いしますね。

ネットワーク設定(ポート開放)

作成直後のDBCSインスタンスではデフォルトで22番(ssh)ポート以外は無効化されています。

今回は、以降で取り上げる

DBaasモニター・コンソール(Oracle Databaseおよびオペレーティング・システムのステータスとリソース使用に関する広範な情報を提供する組み込みモニター)が利用する443番ポートの有効化と

Oracle Enterprise Manager Database Express(非CDB、マルチテナント・コンテナ・データベース(CDB)またはプラガブル・データベース(PDB)を管理するツール)が利用する5500番ポート

の有効化を実施してみます。

では、いつものサービス画面にいきましょう

Oracle Database Cloud Serviceコンソール画面で、STS-DBCS-hitoridedekirumonインスタンスの右側のハンバーガーメニューアイコン「≡」をクリックし、「アクセス・ルール」をクリックします。

443番ポートを利用するora_p2_httpsslの右側のハンバーガーメニューをクリックし、Enableをクリックします。

確認のためのポップアップが表示されますので、問題なければEnableをクリックします。

5500番ポートを利用するora_p2_dbexpressについても同様に操作します。

ここでの説明は割愛しますが、443番ポートと同様に皆さん、操作してみてくださいね。

そうするとこのようなアクセス・ルール画面になっていますでしょうか?

443番ポートを利用するora_p2_httpsslと5500番ポートを利用するora_p2_dbexpressが有効化されていることが確認できますね。

これでポートの開放は完了です!

簡単ですね!

次回予告

次回はポート開放で使えるようになったDBaasモニター・コンソールを使っていきます。

どうぞお楽しみに。

投稿者プロフィール

小酒井崇史
小酒井崇史
主にミッションクリティカルなシステムの運用保守やオラクル製品サポート業務の経験が多く、最近はExadata環境に関する業務も担当している。今後はOracle Cloudに関する業務も多く携わっていきたい。お客様から信頼される存在となるよう、日々精進中。