前回のおさらい

前回は【マニア向け】すぐに使える!Oracle Database 12cR2の新機能!(前編)ということで、SELECTの結果をCSV形式で出力できる「SET MARKUP CSV ONコマンド」を紹介しました。

とっても便利ですよねっ。
是非、皆さんも実務で使ってみてください!

そして今回の便利新機能は…

SET HIST ONコマンド!

ついにWindow以外でもコマンド履歴機能が搭載されましたー!
手順書を利用しない場合にとっても便利です。

では、今まで(~12cR1)はどうだったのでしょうか?

直近のコマンドしか実行/加工できませんでした。
また、SQLしか表示/再実行できませんでした。

しかしながら、12cR2からは「SET HIST ON」コマンドをたたくと・・・

コマンド実行履歴を蓄積できます!
SQL以外にもsqlplusのコマンド履歴も蓄積できます!
実行に失敗をしたコマンドも残りますが・・・(汗)

ちなみに履歴は最大10万件まで残すことができます。
デフォルトは100件です。

ちなみにこんなこともできます。

コマンドの再実行!

さらにさらにー

コマンド編集!
vi と同様にEDITOR編集が可能です。

さらにもう一歩踏み込んでっ

履歴のリセット!

やっぱり使い方次第で「SET HIST ONコマンド」とっても便利ですね。
是非、使ってみてください。
以上、2回にわたってOracle 12cR2の新機能を2つ紹介しました。

今後も皆さまの役に立つ情報を提供し続けます。

ちなみにこの記事の元ネタを書いてくれたのはプラチナ_浜辺です!

投稿者プロフィール

マーケティングチーム
マーケティングチーム
株式会社システムサポート インフラソリューション事業部のマーケティングチームです。このブログでは弊社のイベント、ニュースリリース、社員紹介をお届け致します。掲載写真に拘っています!