Oracle Management Cloud とは!?

こんにちはプラチナホルダーの長沢です。
久々の登場です。

このプラチナホルダーって入れないと駄目なんですかね?

今回は今注目のOracle Management Cloud(通称:OMC)を使ってみたので紹介したいと思います。

Oracle Management Cloudとは
運用周りをまるっと管理できるcloudソリューションです。

具体的には下記のような機能があります。

・Application Performance Monitoring
・Infrastructure Monitoring
・Log Analytics
・Orchestration
・IT Analytics
・Configuration and Compliance
・Security Monitoring and Analytics

参考:Oracle社 HP

今回は「Log Analytics」でログを取得し、グラフで表示まで行います。

 Log Analyticsとは

「Log Analytics」とはOracle databaseのログだけでなく、LinuxのセキュアログやApacheのSSLアクセスログなど、さまざまなログが収集できます。
また、収集したログを監視、集計、索引付および分析までできちゃいます。

参考:Oracle社 HP

例えば以下のようなログが取得でいます。

もちろん、画像に載っていないログも取得可能です。
デフォルトで取得可能なログは以下を参照ください。

参考:Oracle Management cloudのマニュアル

それでは、ログを取得する環境を用意しましょう

OS Oracle Linux Server release 6.7(Oracle VM上)
DB Oracle Database 12.1.0.2(シングル)
OMC Agent 1.30.0

取得するログは以下です。

  • Linuxのセキュアログ
  • Oracle Databaseの統合監査ログ

今回は課金額を考慮し、オンプレ上のOSログとDBログを監視するようにしましたが、当然cloud上のOSやDBも監視できます。
また今回は検証していませんが、Infrastructure MonitoringならAWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azureも監視できるようです。

詳細はこちら

OMC Agentのヴァージョンは1.30.0となってました。既に1.40が出てはいるようですが、順次アップデート中?

それでは設定していきましょう!
まずはOracle Cloudにサインインします。

インスタンスの作成をクリックします。

Management Cloudの作成ボタンをクリックします。

インスタンスの名前を決めて、作成をクリックします。

これでOMCインスタンスが作成終了です。
今回の作成では30分程度かかりました。

作成を押した後、放置して離れていたので、もしかしたらもっと早くできてたかもしれません。

作成ができると作成した人のメールに連絡もくるようです。

さて次回はOMCのAgentを監視対象にインストールし、監視を開始していきます。
楽しみにしていてください。

 

投稿者プロフィール

技術チーム
技術チーム
DBひとりでできるもんを盛り上げるべく、技術チームが立ち上がりました。ひとりでできるもんと言いつつ、技術者が読んでプッとなるような、極めてピンポイントでマニアックな技術ネタを執筆していきます!