はじめに

このカテゴリーでは、Oracle Cloudの申し込みから、Oracle Database Cloud Serviceで実際にデータベースを構築するまでの手順を紹介します。
が、そもそもOracle Cloudってなに?という方のためにOracle Cloudの説明から始めたいと思います。
これを機にOracle Cloudについて理解を深めて頂けると幸いです!

※2017年10月1日現在の情報です。

クラウドについて

Oracle Cloudについて解説する前に、クラウドってどういうものだっけ?というのをざっくり図解します。

オンプレミスとクラウドの違い

また、クラウドサービスの種類についても、このページで使うものだけざっくりまとめました。

DaaS Data as a Serviceのこと。
データの集計・分析に優れたサービスです。
なお、通常DaaSといえば、Desktop as a Serviceを指すのが一般的。
SaaS Software as a Serviceのこと。
ソフトウェアを提供します。
PaaS Platform as a Serviceのこと。
基盤となるデータベースや開発環境を提供します。
IaaS Infrastructure as a Serviceのこと。
ハードウェアやネットワークを提供します。

Oracle Cloudって?

Oracle Cloudはその名の通りオラクルが提供するクラウドサービスです。
正式サービス開始が2012年と、現在主要なクラウドサービスと比べるとやや後発といった印象ですが、
ORACLE社の強みを活かしたクラウドサービスを提供しています。

早速Oracle Cloudのいいところを見ていきましょう。

幅広いクラウドサービス

IaaS~PaaS~SaaSに渡る、幅広いサービスが利用できます。

オンプレミスと同じOracle製品をクラウドで利用可能

オラクルといえば、Oracle DatabaseやJavaが有名ですね。
Oracle Cloudでも、もちろんこれらのサービスを利用することができます。
そして、オンプレミスと同じアーキテクチャを使っているため、オンプレミスと同じ知識・ノウハウをクラウドにも適用可能です。

コスト削減

クラウドですので、オンプレミスと比べハードウェア導入の初期コストを大幅に抑えることができます。
またOracleライセンスもオンプレミスと比べ安く設定されており、導入には数億円(!)かかるExadataも月額数万円から利用できます。

最後に

Oracle Cloudの良いところを挙げてきました。
少しでも魅力が伝わったのであれば幸いです。

このブログではOracle Database Cloud Serviceでデータベースを作成する手順も公開予定です。

お楽しみに!

投稿者プロフィール

マーケティングチーム
マーケティングチーム
株式会社システムサポート インフラソリューション事業部のマーケティングチームです。このブログでは弊社のイベント、ニュースリリース、社員紹介をお届け致します。