前回のおさらい

こんにちは。小酒井です。
前回から少し時間があいてしまいましたが、皆さんいかがおすごしでしょうか?
既に「Create Service」のService → 詳細 → 確認 まで完了してしまったかたもいるのではないでしょうか?
前回までの記事はこちら。

それでは、完了したかたもまだのかたも、続きを一緒に作っていきましょう!

インスタンスの作成の続き

皆さんは今この画面の状態になっていますでしょうか?
「Create Service」のService → 詳細 → 確認の「詳細」画面です。




それでは、必要な項目を入力していきましょう。
まずは「サービス構成」から。
皆さんのお好みでそれぞれ入力して頂きたいのですが、サンプルで私は以下のよう入力していきます。



一旦、データベース名、PDB名はデフォルトのままにします。
管理パスワード(=ユーザーSYS、SYSTEMのパスワード)は皆さまのお好みで。
パスワードは、Ach1z0#dなど、少なくとも1つの小文字、1つの大文字、1つの数値および1つの特殊文字(_、-、#)を使用した8から30の間の長さの文字である必要があります。

おっと、ここで難しい単語がでてきました!「SSH公開鍵」とは?!
SSH(=Secure Shell)とは、セキュアな通信を行うためのプロトコルです。
このSSHを使うと、リモートサーバに安全にログインできたり、ファイルをセキュアに送受信することができたりします。
公開鍵認証という仕組みを用いて、セキュアな通信を実現しています。

それでは、言葉の説明が終わりましたので、SSH公開鍵の設定をしていきましょう!
まずはSSH公開鍵の右にある「編集」ボタンをクリック。



そうすると以下のような画面が表示されます。



一番下の「新規鍵の作成」にチェックを入れ、「入力」ボタンをおします!

そうすると以下のような「鍵のダウンロード」画面が表示されます。



「ダウンロード」をクリックして、作成できたSSH鍵のペアをダウンロードします。

とりあえずデスクトップ等、皆さまのわかりやすいところに保存してくださいね。
zip形式でダウンロードされるため、解凍しておきます。
もし、「.zip」という形ではなく「=2zip」等になっている場合は、「.zip」に変換し、ダブルクリックすると解凍できます。

すると中に、privateKeypublicKeyが格納されています。
SSH公開鍵と秘密鍵のペアは、Oracle Database Cloud ServiceのCompute Node(仮想OS)に対してSSHクライアントを使って接続する際に必要となりますので、覚えておいて下さいね。

今のところまでで「サービスの構成」の登録が終わりました!
ちょっと長くなってきましたので、ここで休憩しましょう。




それでは、バックアップおよびリカバリ構成にいきます。



今回はバックアップの保存先はなしでいきますので、「バックアップの保存先」「なし」を選択します。
画面がシンプルになりましたね。



そして右上の「次」をクリックします。



確認ページが表示されました!
各種入力項目が正しいことを確認し、「作成」をクリックします。

すぐにOracle Database Cloud Serviceインスタンスとして一覧に表示されました。
ステータスが「進行中」となっており、インスタンス作成中のようです。

作成済みのサービス数や利用中のリソース(CPUの数、メモリー量、記憶域(ストレージ)の量、パブリックIPの数)が表示されていますね!



インスタンス名の「STS-DBCS-hitoridedekirumon」をクリックするとOracle Database Cloud Serviceコンソール画面のサマリーを確認できます。




その後40分ほどでサービスの作成が完了しました!
非常に早いですね!


次回予告

次回はクラウド環境に接続していきます!
先ほど作成したSSH公開鍵を使うタイミングも出てきます。
どうぞお楽しみに。

投稿者プロフィール

小酒井崇史
小酒井崇史
主にミッションクリティカルなシステムの運用保守やオラクル製品サポート業務の経験が多く、最近はExadata環境に関する業務も担当している。今後はOracle Cloudに関する業務も多く携わっていきたい。お客様から信頼される存在となるよう、日々精進中。