前回のおさらい

前回は、Exadataの詳細設計の説明をしました。

———————————————— 1/3
■要件定義(お客様/ベンダー作業)
■基本設計(お客様/ベンダー作業)
———————————————— 2/3(前回の記事)
■詳細設計(お客様/ベンダー作業)
———————————————— 3/3(今回の記事)
■搬入(Oracle社作業)
■初期構築(Oracle社作業)
■構築(お客様/ベンダー作業)

今回は、搬入、初期構築、構築に関して説明していきます。
それでは本編へ!

搬入(Oracle社作業)

こちらはOracle社の内部作業ですので割愛します。

本当はサイズの考慮やD/Cとの調整等、色々と書いていたのですが、我々がご紹介することでもないということで、内部レビューで割愛することとなりました。

初期構築(Oracle社作業)

ベンダーよるサーバのケーブル結線、ネットワーク/ソフトウェアの初期構築を行います。

初期構築作業に2~3週間程度要するため、その間の構築作業は出来ません。
また、ベンダー作業時に、各種不明な点や確認を求められるため、作業立ち合いが必要です。
よって、その分の工数やデータセンターが遠隔地であれば、交通費や宿泊費といった予算が別途必要となります。

構築(お客様/ベンダー作業)

ベンダーの初期構築を引継ぎ、お客様にて構築を行います。

構築の大まかな流れは、以下のようになります。
要件等によって増減しますので、あくまでも目安です。

-ディスクグループの切り直し(どのようなディスクグループ構成にするかを設計)
-初期構築時に作成されたサンプルDBの削除
-ディスクグループ削除
-Gridディスクの削除
-Gridディスクの作成(※全量割り当てるのは必須ではなく後からサイズ変
更が可能。)
-ディスクグループ作成
-DB作成
-監視設定
-機能テスト(正常/異常)
-バックアップリストア(DB/OS)

最後に

Exadataの導入に関する説明は以上です。
いかがでしたでしょうか?

弊社では最新のExadataX7の設計・構築においても、経験豊富ですので、何かご不明なことやご興味を持たれたことがございましたら、お問合せ下さい。

投稿者プロフィール

技術チーム
技術チーム
DBひとりでできるもんを盛り上げるべく、技術チームが立ち上がりました。ひとりでできるもんと言いつつ、技術者が読んでプッとなるような、極めてピンポイントでマニアックな技術ネタを執筆していきます!