バイモーダル時代の攻めの運用を実現する統合運用管理ソフトウェア

(株)システムサポートはHinemos取扱店企業に登録されています。

Hinemosとは?

Hinemosはシステム上のさまざまなデータの「収集・蓄積」を行い、「見える化・分析」を実行、検知した以上に紐づけた対応の「自動化」を行う「運用アナリティクス」を実現します。これにより「リアルタイムなシステム状況把握」と「未来を予見した予防保全」が可能になります。システムの維持・安定を求める「守りの運用(SoR:System of Record)」だけでなく、インフラや作業などで発生する運用コストをトータルマネジメントすることにより効果的にビジネス展開を進め「攻めの運用(SoE:System of Engagement)」を実現します。

オンプレミス・仮想化・クラウドのマルチプラットフォーム対応

Hinemosでは、従来の物理環境に加え、仮想化・クラウド環境が混在する環境も、単一の操作画面(Hinemosクライアント)から管理することができます。また、仮想化基盤・クラウドサービス・仮想ネットワークを含むマルチクラウド環境に対するコントロールもHinemosクライアントから一元的に実現できます。

Hinemosの特徴

全機能ワンパッケージ

Hinemosは単なる監視ツールでもなく、単なるジョブ管理ツールでもありません。これらを全て併せ持つ統合運用管理ソフトウェアです。
導入にあたって機能単位で製品を組み合わせるといった複雑な構成を考える必要はありません。運用開始後は、全機能が同一のインタフェースで提供されます。
これにより、検討フェーズから運用フェーズまでシンプルに進めることができます。

日本製・グローバル対応

HinemosはNTTデータが開発・維持してきたソフトウェアです。製品は日本文化に合わせた機能進化を遂げており、また画面構成・ドキュメントの日本語対応は充実しております。
日本国内だけでなく、グローバル対応として画面・ドキュメントの英語化を始め、マルチリージョン利用を意識した言語表示なども充実しております。

オペレータ向けの簡単な操作感

SIerが主流ではなく海外で発達してきた運用管理製品は、運用自体もエンドユーザのSEが扱うことが前提のため、作り込みを前提とした機能であったり、高度なノウハウを理解して操作する必要がある場合があります。Hinemosはオペレータが簡易に設定変更などができるよう作り込み不要でGUIで簡単に操作ができます。

仮想化・クラウド対応

主にジョブ管理機能を持つ他製品では、その動作環境として一部の仮想化・クラウド対応のみを表明している製品も多くあります。Hinemosは動作対象のOSがあれば、様々な仮想化・クラウドにいち早く対応を進めています。

Hinemosの基本機能

収集・蓄積

サーバ機器、端末、OS、MW、APなどのありとあらゆるデータを収集します。 収集するメッセージのタグ抽出や解釈を機能を拡張し、外部のビックデータ基盤、機械学習・AI基盤に転送する機能を提供します。

監視・性能

監視

システムの稼働状況を確認するための22種類の監視機能を提供します。複雑な作り込みは不要、GUI操作だけで監視を開始可能できます。ユーザによる監視のカスタマイズ(スクリプト・コマンド連携)も可能です。

性能

監視結果や収集したデータを性能グラフとして表示します。グラフ上から閾値(正常・警告・危険)のフィードバックが可能です。蓄積データによる未来予測・変化量を使い「過去」から「未来」までを見える化が実現できます。

自動化

構築自動化(環境構築)

サーバ環境構築のセットアップといった一連の作業を定型化し、複数環境に対し一括できる環境構築機能を提供します。設定ファイルの配布・置換といった定型操作も簡単に設定可能です。

業務自動化(ジョブ管理)

サーバ間を跨る処理フロー(ジョブネット)を一元管理を実現します。即時実行・スケジュール起動・他システム連動など様々な起動契機や、48時間カレンダ対応、運用時刻変更による特異日試験など、運行管理に必要な機能を提供します。

運用自動化(Runbook Automation)

運用手順書(Runbook)の自動化(Automation)を支援し、人が行う確認・判断作業から障害確認まで簡単に設定可能です。ジョブ管理と同一インタフェースで提供します。

対応プラットフォーム

OS
  • RHEL
  • CentOS
  • Oracle Linux
  • Amazon Linux
  • SUSE
  • ubuntu
  • Windows Server
  • Windows 7,8,10
  • Oracle Solaris
  • HP-UX
  • AIX
  • Linux on Power/z
サーバ仮想化
  • VMware
  • Hyper-V
  • KVM
クラウド
  • AWS
  • Azure
  • Oracle Cloud
ソリューション連携
  • Oracle Exadata
  • SAP
  • Service Now
  • Jira Service Desk
  • Redmine

このようなことでお困りではありませんか?

  • 環境ごとに複数のツールを組み合わせての運用が煩雑
    (監視ツール、ジョブ管理ツール、ログ収集ツール… )
  • クラウドシフトを検討中 or 今まさに実施中
    (オンプレ・サーバ仮想化・パブリッククラウドの混在環境)
  • 自動化によりオペレーションミスを減らしたい
  • とにかくトータルの運用コストを下げたい

そのお悩み、Hinemosで解決できるかもしれません。
Hinemosの機能や利用方法について、より詳しい説明をご希望の方は、下記のボタンよりお問い合わせ下さい。