簡単導入、コスト削減!Oracle Standard Editionのために作られたDR環境構築ツール

(株)システムサポートはDbvisit Standby取扱店企業に登録されています。

サブスクリプション購入、導入は弊社にお任せください!最新バージョンまで実績多数!

Dbvisit Standbyとは?

Dbvisit Standbyは110以上の国々の1,300以上のお客様に信頼され、ハードウェア障害、ロジカルエラー、自然災害、人為的な不具合、停電などのさまざまな障害から重要な情報を保護してきました。Oracle Data Guard の代替案として、Oracle Standard Edition (SE1,2含む) をより効果的に活かすことが出来ます。Oracle Standard Edition の為に作られた、 ディザスタリカバリ、災害対策ソリューションです。
ライセンス・サポートコストを最大80%削減することが可能になり、Enterprise Editionへのアップグレードは不要になります。

Dbvisit Standbyに関するよくあるご質問

Dbvisit Standbyに関するFAQはこちら
製品概要、ライセンス、動作環境、インストール要件、機能、性能、その他について詳細にご説明しています。

Dbvisit Standbyに関するFAQはこちら

【突撃インタビュー!第1弾】Dbvisit Standbyサービス担当のホンネ☆

Dbvisit Standbyサービス担当のインタビュー記事はこちら
DBひとりでできるもん運営チームが、Dbvisit Standbyサービス担当をインタビュー!
特徴、強み、類似製品との差別化、課題、ここだけの情報等をお答えしています。

Dbvisit Standbyサービス担当のインタビュー記事はこちら。

Dbvisit Standbyの特徴

GUIで直感的な簡易操作

GUIとコマンドラインの両方からアクセス可能で、とてもシンプルな手順でインストール・構築・管理することができます。
スタンバイデータベースと環境を自動で作成し、Dbvisit Standby内の全てのツールやプログラムは、効果的簡単に運用・管理する為にデザインされました。

●段階的に説明されたインストール手順
●カスタマイズ可能なスタンバイデータベースの構築
●管理タスクのスクリプト作成・バッチモードでの実行の選択
●KPIの作成とレポーティング
●問題解決の為のしきい値設定と自動通知
●プライマリー、セカンダリーデータベースのログファイルの自動管理

充実した機能

Dbvisit Standbyは、Oracle Data Guardの機能に匹敵するだけでなく、数々の高度な機能(圧縮、モニタリング、アーカイブログ転送時の暗号化など)も組み込んでいます。

●遅延スタンバイデータベースの更新
●復旧不可能なアーカイブログギャップの復旧
●スタンバイデータベースでのレポートティング、バックアップ、ビジネスアナリティクスの実行
●プライマリー/スタンバイデータベース間での、異なる構成に対応
●Linux、Unix 上での Rsync トランスファー
●自動ログ再送、データベース再構築 (リビルド)

確実な安定性

Dbvisit Standbyは、安定性を第一に考えデザインされました。
障害が発生した場合でもDbvisit Standbyなら、数分以内にスタンバイデータベースにスイッチオーバーすることで、アプリケーションを確実に実行し、復旧遅延・他システムへの過剰な負荷・ハードウェアの非有用性から救うことができます。
データベース内の全ての変更をスタンバイデータベースにレプリケート(複製)します。

●操作不要で自動継続可能
●安定した暗号化コミュニケーション
●スピーディーなサポートを実現するトレースファイルを作成
●データベーストリガーを使用する事なく、運用とパフォーマンスへの影響を回避

Dbvisit Standbyの基本比較

比較項目 Dbvisit Standby Oracle Data Guard Standby Express
ログ転送方式 ARCH LGWR/ARCH ARCH
データ転送時の圧縮/暗号化 可能 Oracle Advanced Security(Option) 可能
スタンバイの同時利用 Snapshot Database(Option) Oracle Active Data Guard(Option) 同期を中断させ「Read」起動可能
同期を継続させ「Read/Write」 同期を継続させ「Read」モードの
モードの起動が可能※カスケード環境推奨 起動が可能
スイッチオーバー/ フェイルオーバー 可能 可能 可能
フェイルオーバー切替訓練 DRテスト(疑似的フェイルオーバー) Flashback Database 不可
自動フェイルオーバー Auto Failover(標準機能) Oracle Active Data Guard(Option) 不可
アーカイブギャップ 復旧不可能なアーカイブギャップの復
(RMANによるブロックレベルのリカバリが可能)
不可(初期同期から必要) 不可(初期同期から必要)
監視/通知 監視機能/Mail通知
(Info/Warring/Errorの設定可能)
Enterprise Manager Cloud Control 監視機能/Mail通知
にて監視/通知システムの構築が必要
アーカイブログ管理 サイト毎に指定可能 RMANによりメンテナンスが別途必要 サイト毎に指定可能
ログ管理 サイズ/世代をサイト毎に指定可能 別途ログメンテナンスのシェルが必要 日数で指定可能
管理コンソール Web Console(タブレットも可能) Enterprise Manager Cloud Control 専用アプリケーションが必要
環境の構築が必要

対応プラットフォーム

データベース
  • 10gR2 – 19c (32 & 64bit version)
Oracle エディション
  • Oracle Enterprise Edition
  • Oracle Standard Edition (SE, SE1 & SE2)
  • Oracle Express Edition
ストレージ
  • ASM
  • ファイルシステム
OS
  • Windows : 2008 (64bit) 以上
  • Linux : Intel , AMD (64bit)
  • Unix : AIX, Solaris

このようなことでお困りではありませんか?

  • ライセンスにかかるコストを下げたい
  • 簡単に導入・運用できるDRツールが欲しい
  • Standby Expressに替わるツールを探している
  • 運用に手間をかけたくない
  • システムリスクを軽減させたい
  • 24時間365日運用で、確実かつ信頼性の高いDRツールが欲しい

そのお悩み、Dbvisit Standbyで解決できるかもしれません。

Dbvisit Standbyの機能や利用方法、導入について、より詳しい説明をご希望の方は、お問い合わせボタンよりお問い合わせ下さい。
実績多数のシステムサポートが誠心誠意対応致します!