前回のおさらい

みなさん、こんにちはDbvisit Standby製品チームです。

前回の記事では、とあるお客様へ「Oracle SE2 + Dbvisit Standby」のご提案をしたところ、Oracle CloudのDatabase Cloud Serviceで大幅な価格改定が行われ、新たな提案を行うというところで終わりました。

今回は、Database Cloud Serviceを用いた新しい提案内容と、元々の提案内容の比較を行っていきます!
宜しくお願いします。

 

2020年6月、Oracle Cloudが本気を出しました

当初は「Oracle SE2 + Dbvisit Standby」を提案しましたが、
2020年6月、日本オラクル社はOracle Cloudの「Database Cloud Service」で価格改定を行いました。

この価格改定でDbaaS Enterprise Editionの1時間あたりの単価が64.41円/時間から20%ものコストダウンが行われた結果、
EEを年間50万円以下で利用可能となったのです!

価格改定後のEEの価格表

Database Cloud Service は1 OCPU 当たりの単価が決まっており、「 OCPU 」の個数で費用が決まります。

サービス名 単価
(OCPU/時間)
 OCPU 数/メモリ 年間費用(小計)
Database Cloud Service EE \51.61 1 OCPU /15GB \460,776
2 OCPU /30GB \921,552
4 OCPU /60GB \1,843,104
8 OCPU /120GB \3,686,196
16 OCPU /240GB \7,372,392

※費用は2021年6月時点の価格となり、今後変更になる可能性があります。

24時間365日の利用で「460,776円」とEEとして破格の価格に設定されております。
そのため、最小 OCPU 構成でも年間50万円以下で利用が可能となり、
災害対策環境を考慮しても、100万円以下で利用する事ができます。

なおEEの年間ライセンス、保守費用は
Processorライセンス製品価格が 570万円
Processorライセンス初年度保守費用が 125.4万円
となりますので、いかにOracle Cloudの価格が破格であるかが分かりますね!
ライセンス費用の詳細は当社HPを参照ください。

定価ベースといえども、1/14の価格は破格ですね。

 

 

 

 

「Oracle SE2 + Dbvisit Standby」vs.「Oracle EE + Data Guard」! 具体的な金額は?

お客様事例に戻りまして、当初予定の「Oracle SE2 + Dbvisit Standby「Oracle EE + Data Guard」
それぞれの概算費用を算出し比較してみました。

※下記の例で算出された費用はOracle Cloud費用・製品費用の合計金額であり、SI費用は含まれておりません。

①Database Cloud Service SE2 + Dbvisit Standby

OCI構成 項目 費用(年間)
DBサーバ 1OCPU 15GB \2,019,756
内部ストレージ 256GB
Oracle ライセンス SE2
同期方式 Dbvisit Standby

 

②Database Cloud Service EE + Oracle Data Guard

OCI構成 項目 費用(年間)
DBサーバ 1OCPU 15GB \990,504
内部ストレージ 256GB
Oracle ライセンス EE
同期方式 Oracle Data Guard

 

コスト比較

構成 費用(年間)
①Database Cloud Service SE2 + Dbvisit Standby \2,019,756
②Database Cloud Service EE + Oracle Data Guard \990,504

なんとEEの費用がSE2の費用の半額以下になりました!

これだけの削減は効果が大きいため、こちらも提案致しました。

100万以下で災害対策環境が作れるのはコストメリットが高く、
開発/検証環境としての利用も可能になりますよね。

 

 

 

 

お客様の声

結果として今回のお客様は Database Cloud Service EE + Oracle Data Guard構成を採用 することとなりました。
選定のポイントになった点は以下の通りです。

  • コストが現在のサービスにマッチしている。
  • EEがオンライン中に索引再編成が可能な点やパラレル処理(※)に魅力を感じた
    ※パラレル処理は2 OCPU以上利用時に可
  • 今後サービス拡張時にOracle Advanced Securityや、Oracle Partitioning、Oracle Multitenant、Oracle RAC など
    システムの拡張に合わせたラインナップが揃っている
  • 少額から開始できるのでスタート時の仕切りが低い。

次回予告

今回のお客様の選定ポイントとなったEEに関して、なぜこれほどいろんな企業様に採用されているのか、どういうところが良いのか、採用にあたっての注意点はあるのか?をまとめていきます。
お楽しみに!

最後に

もし、現在 Oracle Database環境のリプレースを検討されていましたら
現在のDBサーバのご利用状況を鑑みて最適な構成(All Cloud構成やハイブリッド構成など)を提案させて頂きますので、お気軽にご相談くださいね。

お問い合わせはこちら📩

 

ここまでご覧頂き、ありがとうございました😆

投稿者プロフィール

技術チーム
技術チーム
DBひとりでできるもんを盛り上げるべく、技術チームが立ち上がりました。ひとりでできるもんと言いつつ、技術者が読んでプッとなるような、極めてピンポイントでマニアックな技術ネタを執筆していきます!