Oracle Cloud Infrastructure 2019 Architect Associateを取得しました!

このたび弊社の社員が
Oracle Cloud Infrastructure 2019 Architect Associate
を取得しました❗

取得者は、Oracle ACEでプラチナホルダー
「心臓外科医の術式」の著者でお馴染みのたろーちゃんです。

それでは、本人のコメントを紹介します。

資格取得者のプロフィール

社会人26年目。
C言語やJava、PL/SQLによるアプリケーション開発を経て、現在 Oracle の DBA をしています。
アプリケーション開発経験のおかげで Oracle Database 構築時に、アプリケーション開発者と密にコミュニケーションを取ることが出来ます😀

過去の記事にもプロフィールが出てきますので、是非検索してくださいね❗

取得資格の紹介

Oracle Cloud Infrastructure 2019 Architect Associateを取得しました。

東京リージョンに引き続き、国内2拠点目となる大阪リージョンの運用が開始されました。
Oracle Cloud 案件に備え、日々自己研鑽を怠らないようにしています。

日々、変化に適応していかないとですね🤗

どのように勉強したか?

オラクル社が公開している「資格試験ポイント解説セミナー (1)~(4)」を何度も何度も繰り返し学習し、「なぜ正解なのか?なぜ不正解なのか?」を徹底的に突き詰めて理解しました。

このコンテンツは YouTube で公開されていますので、是非ご覧ください💻
#4つ似ていますが、全部異なる動画です。

今携わっている仕事

現在は Oracle Database の設計、構築、運用保守、維持等々色んなことを担当しています🍀

本人の紹介(プライベート)

昨年は右肩が四十肩になり、今年はとうとう左肩も四十肩になってしまいました💦
病院へ行って「サイレントマニピュレーション」という方法で拘縮した筋を無理矢理剥がし、つらいリハビリ生活を送っています(T_T)

 

同じ試験を受ける人へのアドバイス

Oracle Cloud Infrastructure 2018 Associate Architect を既に取得されている方はそこからの増分を学習することで、比較的ラクに合格出来ると思います。
Oracle Cloud の資格は Oracle の資格試験の中でも有効期限のある珍しい試験なので、2018年版を取得されている方は有効期限が切れる前に是非トライしてみて下さい。

 

Cloudは常に進化してるので、資格試験内容も進化し、有効期限があるのですね~🤗
急いで受けなければ❗

 

 

 

当ブログのおすすめ記事は?

弊社の「ゆうき」が執筆している「ひとりでできるもん」シリーズ
●Tera Termってなぁに??
●仮想Linuxサーバってなぁに??
●Linuxひとりでできるもん
がおすすめです。

分かりやすいのもさることながら、裏技的なことも書かれており、「こんな機能&やり方があったのか!」と私も参考になることが多い記事ですので、是非皆様にもご覧頂きたいです👀

こちらも超人気連載です😊
ひとりではじめられるように、と~ってもわかりやすくまとめてあります🍀

投稿者プロフィール

DBひとりでできるもん運営チーム
DBひとりでできるもん運営チーム
「DBひとりでできるもん」運営チームです。
「親しみやすさと技術力」をテーマに、技術情報・サービス・インフラ系資格取得に役立つ情報、社員等の情報をお届けします。
60名弱の事業部員で鋭意、執筆中です。
少しでも弊社を知って頂けるよう、愛情込めて頑張ります!
※facebook、twitterでは「DBひとりでできるもん」の更新情報を発信しています。