AWS RDS for Oracle 11g(11.2.0.4)をご利用の皆様に影響がございます!

概要

こんにちは!DBひとりでできるもん運営チームです。
今回はAWS RDSのサポート終了についてお知らせいたします。

AWS RDS for Oracle 11g(11.2.0.4)のサポートが
license-included(以下、LI)  は 2020年10月31日、
bring-your-own-license(以下、BYOL
2020年12月31日で終了
します。

対象バージョンをご利用の方は手動でのアップグレードが必要で、バージョンアップ先の対象バージョンは12.1.0.2, 12.2.0.1, 18c(12.2.0.2), 19c(12.2.0.3)になります。

AWSは19c(12.2.0.3)へのバージョンアップを推奨しています。

 

対象バージョンをご利用の方はご注意ください

 

ポイント

2020年10月時点の情報を記載します。
詳細情報はAWSブログ記事をご確認ください。

AWS RDS for Oracle 11gのサポートが2020年末で終了

廃止されたバージョンのRDSは利用できなくなる

AWS RDS for Oracleで現状最もサポート期間が長いのは19cである

AWSはAWS RDS for Oracle 11gのアップグレード対象バージョンとして19cを推奨している

AWS RDS for Oracle 11gのLI では、2020年10月31日がサポート期限で、それまでは手動でのアップグレードが必要

AWS RDS for Oracle 11gのBYOL では、2020年12月31日がサポート期限で、それまでは手動でのアップグレードが必要

AWS内でのアップグレードはもちろんだが、Oracle Cloudもアップグレード先として視野に入れるとよい

 

ポイントはつかんでいただけましたでしょうか🍀

ここに注意!

サポート終了までに手動アップグレードしなかった場合、バージョン19cへの自動(強制)アップデートが開始される

SE や SE One をご利用の方は、19cにアップグレードすることでライセンスが SE2 に変更となり、ライセンス料金が変わる
具体的には、BYOL では SE One から SE2 にマイグレーションする場合サポート料金が20%加算される

小さいインスタンス(micro)が利用不可、Small以上となる

AWS RDSをご利用の方はOracle 11g(11.2.0.4)の環境が残っていないか今一度ご確認ください!
対象の環境がある場合、アップグレードが必要になります。(アップグレードに伴う作業コストが発生します)
あらかじめアップグレードしてもシステムが正常動作することを確認する必要があります。

 

早め早めの対処が肝心です、気になる点がありましたらお気軽にご相談ください

 

具体的なAWSとOracle Cloudの価格比較

★ LI の場合

 ●RDS SE One (0.517)は移行後にコストは SE2 (0.556)になります

 ●Oracle Database Cloud Service(以下、DBCS)であれば同等Shapeで半額以下(0.215)、EEにしてもまだ安い(0.4301)になります。Oracle Cloudを利用することでAWSより安くなります

★ BYOL の場合

 ●Oracle DBCS/Autonomous Database(以下、ADB)であればLicense Migration不要で持ち込みが可能

 ●AWS RDSより大きい16vCPUまでBYOL可能

 ●ADBであればBYOLのコア換算で SE2 の2倍のコアが利用可能

 ●AWSより手間がかからず、より大きなShapeが引き続き利用可能なのがメリットになります

 

Database製品のサポートライフサイクル

今回サポート期限が迫っている11gも含め、アップグレード対象となるバージョンも含めたサポートライフサイクルをおさらいしてみましょう👀

ただし、Oracle Databaseのサポートライフサイクルなので、AWS RDSでサポートされることを示す資料ではないことに注意してご覧ください。

なお、2020年10月時点の情報を記載します。
最新情報はサポートサイトをご確認ください。

AWSが推奨している19cが、圧倒的にサポート期間が長く設けられていますね🍀

なお、SE One と SE2 の利用範囲は以下のような区分になっています。

 

SE や SE One をご利用の方は SE2 にライセンスマイグレーションしなければならないことがわかります。なお、Oracle DBCS/ADBであれば、マイグレーション不要です。

ぜひご検討ください!

弊社では、AWSはもちろんのこと、Oracle Cloudも得意としております。

このサポート終了を機に、AWSからOracle Cloudの移行もご検討対象としてみてはいかがでしょうか。

AWSとOracle Cloudそれぞれの特徴を比較検討し、お客様のご意向に沿った形でご提案できると確信しています。

技術に精通した弊社のエンジニアが、丁寧にヒアリングさせていただきます、
ぜひお問い合わせフォームからご相談ください。

 

どうぞよろしくお願いいたします🤗

 

投稿者プロフィール

DBひとりでできるもん運営チーム
DBひとりでできるもん運営チーム
「DBひとりでできるもん」運営チームです。
「親しみやすさと技術力」をテーマに、技術情報・サービス・インフラ系資格取得に役立つ情報、社員等の情報をお届けします。
60名弱の事業部員で鋭意、執筆中です。
少しでも弊社を知って頂けるよう、愛情込めて頑張ります!
※facebook、twitterでは「DBひとりでできるもん」の更新情報を発信しています。