前回のおさらい

みなさん、こんにちは。プラチナホルダーの小酒井です。

前回はADWインスタンスへの接続まで行いました。
内容を確認したい方はこちらからご覧下さい。

さて、今回はサンプルデータセットを利用したデータベース操作から行いましょう。

サンプルデータセットを利用したデータベース操作

ADWは、Sales History(SH)のサンプル・スキーマとStar Schema Benchmark(SSB)データ・セットを提供しています。これらのデータ・セットは、それぞれSHスキーマとSSBスキーマにあります。

① SQL Developer で前に作成した、「admin_low」接続を選択します。
② クエリをワークシートに入力します。
③ 「スクリプトの実行」ボタンをクリック実行します。

処理時間、選択行数を確認します。

再度実行してみると、処理時間が大幅に短縮されました。

Result Cacheがデフォルトで有効化されているようです。

ADMIN(adw1129_low)> sho parameter result

NAME                                 TYPE        VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
client_result_cache_lag              big integer 3000
client_result_cache_size             big integer 0
result_cache_max_result              integer     1
result_cache_max_size                big integer 10M
result_cache_mode                    string      FORCE
result_cache_remote_expiration       integer     0
ADMIN(adw1129_low)>

またADWではデフォルトでSQL文のオプティマイザ・ヒントが無視される設定になっているようです。

ADMIN(adw1129_low)> sho parameter optimizer_ignore_hints

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
optimizer_ignore_hints boolean TRUE
ADMIN(adw1129_low)>

ALTER SESSIONを使用して、セッションレベルでOPTIMIZER_IGNORE_HINTSパラメータをFALSEに設定してオプティマイザ・ヒントを有効にし、NO_RESULT_CACHEヒント句であらためて確認してみます。

Result Cacheを使用せずに実行されたようです。
性能検証を実施する際には、このあたりについて注意が必要となりそうです。

ローカルファイルをADWにロード(SQL Developer)

手元のPCにあるローカルファイルをADWに読み込んでみます。
①admin low の接続から「表」を右クリックします。
②「データのインポート」をクリックします。

データの選択

データのインポート・ウィザード画面が開きます。

①「参照」をクリックして、ロードするファイルを選択します。
②「次」をクリックします。

表の指定

①表名に「CHANNELS」と入力します。
②「次」をクリックします。

列の指定

どのカラムを読み込むかを選択することができます。全てのカラムが選択された状態にします。
①全てのカラムを選択します。
②「次」をクリックします。

列指定の定義

データタイプの変更が可能です。
「次」をクリックします。

ロード内容の確認、ロード実行

インポート操作のサマリが表示されます。
問題なければ「終了」を選択します。(直接、ロードが開始されます。)

ロード結果の確認

データのロードが完了するとインポート終了のメッセージが表示されるのでOKをクリックし閉じます。

ロード結果を確認します。

①リロードをクリックします。(表の一覧に「CHANNELS」が表示されます)
②確認用のクエリを入力します。
③クエリを実行し、データ内容・件数を確認します

皆さんも確認できましたでしょうか?

今回はここまでです。
次回はADWのダイナミックスケーリングからお話します。
お楽しみに!

投稿者プロフィール

小酒井崇史
小酒井崇史
主にミッションクリティカルなシステムの運用保守やオラクル製品サポート業務の経験が多く、最近はExadata環境に関する業務も担当している。今後はOracle Cloudに関する業務も多く携わっていきたい。お客様から信頼される存在となるよう、日々精進中。