はじめに

みなさん、こんにちは😀 Dbvisit Standby製品チームです。

今頃の振り返りとなり申し訳ございませんが、以前こちらの記事でご案内いたしました通り、
2020年11月13日(金)に弊社主催、日本オラクル株式会社様、株式会社インサイトテクノロジー様共催にてWebセミナーを開催いたしました。

▼セミナータイトル
『今、クラウド移行にOracle Cloudを選択すべき理由とは何か
~クラウド移行で考えておくべき災害対策とデータベース移行作業~ 』

セミナーの詳細はこちら

当日は多くの方にご参加頂きました!ありがとうございます!
参加できなかった方からも、当日の資料を共有してほしいとのお声を頂き今回、記事を書きました♪

 

 

 

 

弊社はセミナーの第2部でDbvisit Standbyの製品紹介を致しました。
今回の記事ではその内容についてご報告します!

ここ最近、Dbvisit Standbyに関するお問い合わせを頂くことが増えています。
当日はDbvisit Standbyをご存じでない方でも製品について知ることができるように
以下のような構成でご説明しました。

Dbvisit Standbyのご紹介

今回はその中から資料を一部抜粋してご紹介させて頂きます。

WebセミナーではDbvisit Standbyの強み・動作環境や機能紹介といった基本的な情報はもちろん、製品のアーキテクチャやおすすめ機能等もご紹介いたしました。

Dbvisit Standbyを利用するメリット

動作環境


※動作環境を含む、お客様からよく頂く質問については
こちらのよくある質問集(FAQ)を併せてご確認ください。

Dbvisit Standbyの機能(一部)

Dbvisit Standbyのアーキテクチャ


Dbvisit Standbyのアーキテクチャについては
過去の記事でも詳しく紹介しているためこちらの記事も併せてご確認ください。

サポートパッケージ作成機能


全ノードの必要なログや設定ファイルをまとめてzipファイルにして取得する機能です。
現在既にDbvisit Standbyをご利用頂いているお客様にも有効にご活用頂いていて、
不明点やエラーが発生した際に弊社サポートにお問合せ頂く際は、取得したサポートパッケージを
一緒に送って頂くことでスピーディな対応が可能となります。

Snapshot Database機能(オプション機能)


Snapshot Database機能に関する機能説明、用途に関する詳細については
こちらの記事も併せてご確認ください。

当日の資料が欲しい!という方がいらっしゃいましたらメールにて送付させて
頂きますので、以下のお問合せフォームより「送付先メールアドレス」と
Dbvisit Standbyのセミナー資料ご希望の旨をご連絡頂けますと幸いです。

所感

良かった点

・平日の日中に関わらず多くの方にご参加頂き質問も頂くなど有意義な会となりました。

改善点

・配信の都合上でのトラブルがありました(軽微な音声トラブル等)
・時間の都合上、質問にその場で回答することができませんでした。

日中で良いのかな?時間は長すぎないかな?ミスがないよう録画を流す方が良いのかな?等、種々考えました。
もっとウェビナーのノウハウを蓄積し、covid-19の環境でもみなさまに良い情報をお届けできるように改善を続けてまいります!

最後に

Dbvisit Standbyの機能や利用方法・導入・費用については、より詳しい説明をご希望の方は、
どんな些細なことでもお気軽にお問合せ下さい🤵

お問い合わせはこちら📩

社内に保守体制もあり、Dbvisit Standbyに精通した専門の技術者がお答えします。
この環境・構成でも問題なく利用できるか』など是非お気軽にお問合せ下さい。
ここまでご覧頂き、ありがとうございました😆
今後も新機能や活用事例などがありましたらご紹介させて頂きます。

投稿者プロフィール

技術チーム
技術チーム
DBひとりでできるもんを盛り上げるべく、技術チームが立ち上がりました。ひとりでできるもんと言いつつ、技術者が読んでプッとなるような、極めてピンポイントでマニアックな技術ネタを執筆していきます!