はじめに

こんにちは。マネージャーでエヴァンジェリストの宮井です。

宮井の過去の執筆記事はこちら

 

 

 

 

今回は、「Oracle Cloud Infrastructure Database Management」 を検証してみたいと思います。

初めて聞くする方も多いかもしれませんが、こちらはデータベースのパフォーマンス管理を簡易に行えるツールになっていて、OCI上のデータベースやオンプレミスのデータベースにも有効なツールとなっています。下記の記事をご参考ください。
後半の方にキャプチャ画像も掲載されております。

■Oracle Cloud Infrastructure Database Management 提供開始
https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/announcing-the-general-availability-of-oracle-cloud-infrastructure-database-management-v2

今回はDBCSのVM環境上のOracle Databaseに対し、Oracle Cloud Infrastructure Database Managementを設定しましたので、作成の流れをご紹介したいと思います。

以下の流れで進めていきます。

  1. データベース管理用の管理エージェントのインストール
  2. 動的グループの作成およびポリシーの付与
  3. Oracle Databaseを外部データベースサービスに登録

キャプチャと併せて作業の流れを紹介します!
宜しくお願いします!

1.   データベース管理用の管理エージェントのインストール

エージェントのダウンロード

まずは、Oracle Cloud Infrastructure Database Managementを導入したいデータベースサーバに管理エージェントを導入する必要があります。

メインメニューから「監視および管理」「エージェント」をクリックします。
次の画面が開きますので、設定したい「コンパートメント」を選択し、「ダウンロードとキー」を選択します。

今回データベースはLinux環境になりますので、「LINUXのエージェント」をクリックしてダウンロードします。

今度は同じ画面から「キーの作成」をクリックします。
ここで作成したキーはエージェント導入の際に必要になります。

キーの作成画面から「キー名」「コンパートメント」などを入力します。

作成したキーを「キーをファイルにダウンロード」からダウンロードしておきます。

ここまでがエージェントインストールの前作業になります。
次にDBCSサーバ上への作業に移ります。
ダウンロードしたエージェントとキーをDBCSのOS上に配置しておきます。

エージェントのインストール

エージェントのインストールはyumでの実施します。
パスワードは大文字・小文字・数字・記号を含める必要があるため、注意が必要です。

[opc]$ ls -l oracle.mgmt_agent.rpm
-rw-r--r-- 1 opc opc 39980383 May 26 09:17 oracle.mgmt_agent.rpm
[opc]$ sudo rpm -ivh oracle.mgmt_agent.rpm
Preparing... ################################# [100%]
Checking pre-requisites
Checking if any previous agent service exists
Checking if OS has systemd or initd
Checking available disk space for agent install
Checking if /opt/oracle/mgmt_agent directory exists
Checking if 'mgmt_agent' user exists
Checking Java version
JAVA_HOME is not set or not readable to root
Trying default path /usr/bin/java
Java version: 1.8.0_281 found at /usr/bin/java
Checking agent version
Updating / installing...
1:oracle.mgmt_agent-210430.1817-1 ################################# [100%]

Executing install
Unpacking software zip
Copying files to destination dir (/opt/oracle/mgmt_agent)
Initializing software from template
Creating 'mgmt_agent' daemon
Agent Install Logs: /opt/oracle/mgmt_agent/installer-logs/installer.log.0

Setup agent using input response file (run as any user with 'sudo' privileges)
Usage:
sudo /opt/oracle/mgmt_agent/agent_inst/bin/setup.sh opts=[FULL_PATH_TO_INPUT.RSP]

Agent install successful
[opc]$ vi input.rsp
ManagementAgentInstallKey = <ダウンロードしたキーファイルの内容を記載>
CredentialWalletPassword = <パスワード>
[opc]$ 
[opc]$ sudo /opt/oracle/mgmt_agent/agent_inst/bin/setup.sh opts=/tmp/input.rsp

Executing configure

Parsing input response file
Validating install key
Generating communication wallet
Generating security artifacts
Registering Management Agent

Starting agent...
Agent started successfully


Agent setup completed and the agent is running.
In the future agent can be started by directly running: sudo systemctl start mgmt_agent

Please make sure that you delete /tmp/input.rsp or store it in secure location.

[opc]$
[opc]$ sudo systemctl status mgmt_agent
● mgmt_agent.service - mgmt_agent
Loaded: loaded (/etc/systemd/system/mgmt_agent.service; enabled; vendor preset: disabled)
Active: active (running) since Wed 2021-08-18 18:33:43 JST; 51s ago
Process: 62378 ExecStart=/opt/oracle/mgmt_agent/agent_inst/bin/agentcore start sysd (code=exited, status=0/SUCCESS)
Main PID: 62454 (wrapper)
CGroup: /system.slice/mgmt_agent.service
tq62454 /opt/oracle/mgmt_agent/agent_inst/bin/./wrapper /opt/oracl...
mq62475 /usr/java/jre1.8.0_281-amd64/bin/java -Dorg.tanukisoftware...

Aug 18 18:33:28 dbsystem-ee systemd[1]: Starting mgmt_agent...
Aug 18 18:33:29 dbsystem-ee agentcore[62378]: Starting mgmt_agent...
Aug 18 18:33:37 dbsystem-ee agentcore[62378]: Waiting for mgmt_agent...........
Aug 18 18:33:43 dbsystem-ee agentcore[62378]: .....running: PID:62454
Aug 18 18:33:43 dbsystem-ee systemd[1]: Started mgmt_agent.
Hint: Some lines were ellipsized, use -l to show in full.
[opc]$

 

OCI上の画面を再度確認すると、エージェントのステータスがアクティブになりました。
エージェントのインストールはこれで完了です。

2.動的グループの作成およびポリシーの付与

動的グループの作成

動的グループを作成します。
メインメニューから「アイデンティティ」「動的グループ」の画面に遷移し、「動的グループの作成」をします。

動的グループは下記ポリシーで作成します。

All {resource.type = 'managementagent', resource.compartment.id = '<compart-ment id>'}

ポリシーの付与

先ほど作成した動的グループに対してポリシー付与を行います。

OCI Database Managementを利用するためのポリシーを付与します。
「作成」ボタンをクリックします。

これでポリシーは完了です。

3.Oracle Databaseを外部データベースサービスに登録

Oracle Databaseを外部データベースサービスに登録する

Database Managementを作成するにあたって、外部データベースにて監視対象のデータベースを登録します。
「外部データベース」は、Oracle Database の項目にあります。

最初はプラガブル・データベースが選択された状態となっています。
監視対象のデータベースはコンテナ・データベース構成になるため、まずはコンテナ・データベース」を選択し、「外部コンテナ・データベースの登録」を行います。

「コンパートメント」コンテナ・データベース表示名」を入力し、作成します。

この時点ではステータスが未接続となっています。この後データベースに対してコネクタを作成することで、データベースとの接続が可能となります。

「外部コンテナ・データベースに接続」をクリックします。

ユーザ名パスワード接続先のホスト名ポート番号などの接続情報を入力します。
サービス名はDBCSの場合、ドメイン付きである必要がありましたのでご注意ください。

接続情報が正しく入力出来たら、コネクタのステータスが使用可能となります。

但し、この状態ではまだパフォーマンス・ハブが見れません。
データベース管理を有効化する必要があります。
「有効化」の部分をクリックします。

データベース管理が有効化されましたので、「パフォーマンス・ハブ」をクリックします。

初回は少し時間がかかりますが、下記のような画面に遷移します。
データが取得できていたことが確認できます。

ASHやSQLモニタリングなどが参照することが出来ます。
簡易な分析であればこちらでも出来そうですね。

続いてプラガブル・データベースを登録します。
「外部プラガブル・データベースの登録」をクリックします。

基本的にはコンテナ・データベースと同じ要領です。
「コンパートメントの選択」「データベース表示名」に加えて、
また先ほど登録した 「外部コンテナ・データベースを選択」を行います。

次にコネクタを作成します。
「外部プラガブル・データベースに接続」をクリックします。

コンテナ・データベース同様に接続情報を入力していきます。

プラガブル・データベースも使用可能となりました。

プラガブルデータベースも同様にデータベース管理を「有効化」します。

プラガブル・データベースも同様にパフォーマンス・ハブが見れることを確認できました。

これでセットアップは完了となります。

Database Managementの確認

それではDatabase Managementの画面を確認していきます。
メニュー画面から「監視および管理」「データベース管理」をクリックします。

こちらが概要のページです。
「フリート・サマリー」を参照してみます。

作成データベースが少ないので、見栄えが寂しいですが、複数のデータベースを確認できる画面となっています。
メンバーの所から各データベースに遷移できるようになっているようなので、今回作成したデータベースを確認してみます。

CPU、メモリ、ストレージ容量であったり、表領域の使用率や初期化パラメータなども確認出来るようです。
分析に活用できそうですね。


 

さいごに

今回はOCI Database Managementを検証してみましたが、短時間で作成することが出来ました。
OCIをご検討の方で監視も取り入れたいという方は、こちらも是非ご検討頂ければと思います。

冒頭でも紹介した下記URLには今回ご紹介できなかった機能も記載されているので、是非参照してみてください。
https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/announcing-the-general-availability-of-oracle-cloud-infrastructure-database-management-v2

Oracle Cloud についてご検討の際は、弊社までお問い合せください。
Oracle Cloud特設ページ

投稿者プロフィール

技術チーム
技術チーム
DBひとりでできるもんを盛り上げるべく、技術チームが立ち上がりました。ひとりでできるもんと言いつつ、技術者が読んでプッとなるような、極めてピンポイントでマニアックな技術ネタを執筆していきます!