東京証券取引所 プライム市場に上場市場を移行しました

こんにちはDBひとりでできるもん運営チームです。

2022年4月4日、株式会社システムサポートは東京証券取引所 プライム市場に上場市場を移行しました。
(東証一部 → 東証プライム)

今回はそのお知らせと、何故区分されたの?どんな区分があるの?区分の基準は?という点も含めまとめていきます。

プライム区分ですね、まだ慣れずに言い間違えちゃいそうです。

 

 

 

市場区分見直し理由

東京証券取引所(以下「東証」)には、市場第一部、市場第二部、マザーズ及びJASDAQ(スタンダード・グロース)の4つの市場区分がありました。

主な変更の理由として、東証は
●各市場区分のコンセプトが曖昧であり、多くの投資者にとっての利便性が低い
●上場会社の持続的な企業価値向上の動機付けが十分にできていない
ことを挙げています。

具体的には、市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQの位置づけが重複していることや、そのコンセプトがわかりにくいこととされています。

上場時に東証の定める基準をクリアしていても、上場後に企業努力が促進されず、上場時の基準を満たさない企業が存在しているという点も課題とされていました。

 

 

 

 

 

詳細は日本取引所グループ様のページを確認くださいませ。

新区分はプライム、スタンダード、グロースの3つ

2022年4月4日からの新市場は以下の通りです。

新規上場と上場を維持するための基準が設けられた為、上場後も継続して各市場区分の新規上場基準の水準を維持する必要があります。

画像及び一部記事引用元:ソフトバンクニュース様

2022年4月からの上場基準

代表的な指標は以下の通りです。

プライム スタンダード グロース
株主数 800人以上 400人以上 150人以上
流通株式数 20,000単位以上 2,000単位以上 1,000単位以上
流通株式時価総額 100億円以上 10億円以上 5億円以上
流動株式比率 35%以上 25%以上 25%以上
収益基盤 ・最近2年間の利益合計が25億円以上

・売上高100億円以上かつ時価総額1,000億円以上

最近1年間の利益が1億円以上
財務状態 総純資産額50億円以上 純資産額が正であること

詳細は日本取引所グループ様のページを確認くださいませ。
記事引用元:ソフトバンクニュース様

今後について

機関投資家の皆様による活発な売買が期待される「プライム」企業として、継続して新規上場基準の水準を維持してまいります。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

あらゆる皆様にとって魅力的な企業を目指します
事業部員にとってもですね。でないと企業が輝かないですからね。

投稿者プロフィール

DBひとりでできるもん運営チーム
DBひとりでできるもん運営チーム
「DBひとりでできるもん」運営チームです。
「親しみやすさと技術力」をテーマに、技術情報・サービス・インフラ系資格取得に役立つ情報、社員等の情報をお届けします。
60名強の事業部員で鋭意、執筆中です。
少しでも当社を知って頂けるよう、愛情込めて頑張ります!
※facebook、twitterでは「DBひとりでできるもん」の更新情報を発信しています。