スタック作成1

はじめに

みなさん、こんにちは。
Oracle Cloud Infrastructure 検証チームです。

今回は
Oracle WebLogic Server for OCIの検証(WebLogicドメイン作成)を行いたいと思います。

OCI検証チームの記事が続々登場してきますね!
宜しくお願いします!

Oracle WebLogic Server for OCIとは?

Oracle WebLogic Server(以下WebLogic)とはOracle社が提供しているエンタープライズ/スケーラビリティを備えた、Java EE / Jakarta EEWebアプリケーションサーバです。

企業システム間で品質の高いサービスを実装するための機能を提供しています。

Oracle WebLogic Server for OCIは、このWebLogicをOCI上に短時間でプロビジョニングできるマーケットプレイスサービスです。

ドメイン作成前の準備

では、事前準備を行いたいと思います。
ドメイン作成前にざっくり以下のステップが必要になります。

①コンパートメントの作成
②動的グループ及び各種ポリシーの作成
③シークレット及びシークレット暗号化用の暗号化キーの作成
④SSHキーの作成

※詳細な手順につきましては最新のOCIドキュメントをご参照ください。

今回は「③シークレット及びシークレット暗号化用の暗号化キーの作成」に注目して、手順を確認していきます。

 

暗号化キーを作成(OCI Vault)

まずは、シークレットを作成する際に必要となる暗号化キーを作成します。
暗号化キーを作成するには、Oracle Cloud Infrastructure Vaultを利用します。

「アイデンティティとセキュリティ」メニューから「ボールト」を選択します。
ボールト選択

既にボールトが存在する場合はボールト名をクリックします。
今回はボールトから作成します。

「ボールトの作成」をクリックします。
ボールトを作成

コンパートメントとボールト名を入力し、「ボールトの作成」をクリックします。
ボールト作成

これでボールトが作成できました。
ボールト作成3

続いて暗号化キーを作成します。
ボールト画面左の「リソース」から「マスター暗号化キー」を選択します。
暗号化キー1

「キーの作成」をクリックします。
暗号化キー作成

コンパートメント、保護モード、キー名、キーシェイプを入力/選択し、「キーを作成」をクリックします。
暗号化キー作成

これで暗号化キーが作成できました。
暗号化キー作成完了

シークレットを作成(OCI Vault)

続いてシークレットの作成です。
ボールト画面左の「リソース」から「シークレット」を選択します。
シークレット作成1

「シークレットの作成」をクリックします。
シークレット1

以下をそれぞれ入力/選択します。

・コンパートメント
・シークレット名
・暗号化キー(先ほど作成した暗号化キーを選択)
・シークレット・コンテンツ

シークレット・コンテンツには、シークレットに格納するパスワードを入力します。
ここで入力したパスワードが管理コンソールログイン時に必要になります。シークレット作成

「シークレットの作成」をクリックします。
シークレット作成

これでシークレットが作成されました。
シークレット作成

「③シークレット及びシークレット暗号化用の暗号化キーの作成」は以上です。

残りの事前準備①、②、④の手順を実施し、準備は完了です。
なお、管理者権限を保有するユーザの場合は「②動的グループ及び各種ポリシーの作成」は省略可です。(スタック作成時に自動的に作成されるため)

ドメイン作成(スタック作成)

準備が出来ましたので、いよいよWebLogicドメインの作成です。

Oracle WebLogic Server for OCIでWebLogicドメインを作成する際は、リソース・マネージャというOCIサービスが利用されます。

リソース・マネージャは、OCIリソースのプロビジョニング処理を自動化できるOCIサービスです。
リソース・マネージャによりTerraformが実行され、WebLogicドメインがプロビジョニングされます。

また、Terraform構成をOCIリソースとして登録したものがスタックと呼ばれます。
つまり、Oracle WebLogic Server for OCIにおけるドメイン作成はスタックの作成を意味します。

では早速、スタックを作成していきます。

「マーケットプレイス」メニューから「すべてのアプリケーション」を選択します。
スタック作成1

マーケットプレイスから「weblogic」と検索すると、WebLogic Serverスタックがいくつかヒットします。
今回は、Oracle WebLogic Server Enterprise Edition UCM」を選択します。
アプリケーション選択

インストールバージョンを選択し、「スタックの起動」をクリックします。
スタック作成2

「①スタック情報」画面では、スタックの基本情報(名前や説明、コンパートメントなど)を入力します。
今回はデフォルトで入力されている名前のまま、「次へ」をクリックします。
スタック作成3

続いて、「②変数の構成」画面では、WebLogic Serverの構成やOCIリソースの設定を入力します。
「Resource Name Prefix」にはWebLogicリソースに使用するPrefixを入力します。

※例えば、Prefixを「ociwls」とした場合、ドメイン名は「ociwls_domain」となり、管理サーバ名は「ociwls_adminserver」となります。
スタック作成4

以降、「②変数の構成」ページが続きます。各項目を入力していきます。

「Validated Secret for WebLogic Server Admin Password」には、「事前準備③」で作成したシークレットを選択します。
シークレット作成時に入力した「シークレット・コンテンツ」がAdmin Userのパスワードになります。
スタック作成5

続いてネットワーク構成です。

今回は、VCNは既存のものを利用し、サブネットは新規作成します。
コンパートメント内の既存VCNを選択し、新規作成するサブネットのCIDRを入力します。
スタック作成6

以下の画面ではBastion(踏み台)ホストの構成を入力します。
今回はWebLogicドメインをプライベート・サブネットに作成するため、外部からの接続用にBastionインスタンスを構成します。
スタック作成7

最後に各種オプションを選択します。
今回は事前に動的グループとポリシーの作成を行っていないため、「OCI Policies」にチェックを入れます。
スタック作成8
スタック作成9

入力完了後、画面下部の「次」をクリックします。
スタック作成10

「③確認」画面となり、スタックサマリが表示されます。
スタック作成11

内容を確認し、問題ない場合は「適用の実行」にチェックを入れ、「作成」をクリックします。
※「作成」をクリック後、プロビジョニングが開始されます。
スタック作成12

スタック作成が開始されます。
スタック作成12

下記画面が表示されれば、作成完了です!
スタック作成完了

管理コンソール接続

では早速接続してみたいと思います。

踏み台サーバへブラウザ接続できる準備を整え、管理コンソールのURLへ接続します。接続1

無事接続できました!

Admin Userのユーザ名とパスワード(シークレット・コンテンツ)を入力し、ログインします。
接続2

管理コンソールのホームページが表示されました!
管理コンソール

管理サーバ、管理対象サーバも確認できますね!
list

おわりに

いかがでしょうか?
Oracle WebLogic Server for OCIを利用することで、簡単にWebLogicドメインのプロビジョニングができました。

商用利用は勿論のこと、急ぎでWebLogicの検証ができる環境が欲しい、という場合にも利用できそうですね。

今回はWebLogicドメインの作成のみ実施しましたが、次回はOracle WebLogic Server for OCIの機能検証等を行いたいと思います。

是非次回もご覧ください!
Oracle Weblogicに関するお問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

技術チーム
技術チーム
DBひとりでできるもんを盛り上げるべく、技術チームが立ち上がり早5年。ひとりでできるもんと言いつつ、技術者が読んでプッとなるような、極めてピンポイントでマニアックな技術ネタを執筆していきます!