Oracle Cloud Infrastructure Classic 2018 Certified Associate Architect を取得しました!

このたび弊社の社員が
Oracle Cloud Infrastructure Classic 2018 Certified Associate Architect
を取得しました!

取得者はおなじみのプラチナホルダー『心臓外科医の術式』の執筆者のたろーちゃんです!

それでは本人のコメントを紹介します。

資格取得者のプロフィール

社会人25年目。
C言語やJava、PL/SQLによるアプリケーション開発を経て、現在 Oracle の DBA をしています。

アプリケーション開発経験のおかげで
Oracle Database 構築時に、アプリケーション開発者と
密にコミュニケーションを取ることが出来ます。

取得資格の紹介

このたび
Oracle Cloud Infrastructure Classic 2018 Certified Associate Architect(OCI-C試験)に合格!

私は Oracle Cloud に大きな可能性を感じており、自分自身のスキルアップの為に取得しました。

どのように勉強したか?

オラクル社のWEBサイトで公開されている『試験内容 チェックリスト』から問題を想定し、
マニュアルや技術資料を読み込むことで理解を深めました。

今携わっている仕事

現在は OracleDatabase の設計構築を担当しています。

また、DBひとりでできるもん『心臓外科医の術式』を執筆中です。
近日連載再開予定ですので、皆様、ご期待ください!

この連載、非常に人気でアクセス数がかなり多いです!

 

本人の紹介(プライベート)

私は PC-8801(通称:ハチハチ) という昔のパソコンが大好きで
当時を知る同じ世代のナイスミドル達と熱く語らうのが趣味です。

8ビットCPU(Z80互換)で、メインメモリは64KB。
フロッピーディスクは 5.25インチの2Dという規格で、1枚あたり320KB。

64ビットCPUが主流の現代では考えられないスペックです。
常にハードウェア限界との戦いで、いかにコンパクトにプログラミングするかが鍵になります。

そのため
ハチハチはプログラマーを『育てる』パソコンでした。
(内蔵のアセンブラもありました)。

今の私があるのは、全てハチハチのおかげです。

意気込み

前回に引き続き、Oracle Cloud の資格に合格することが出来ました。

この勢いで
第二世代の Oracle Cloud Infrastructure 2018
Associate Architect 資格(OCI試験)にチャレンジ致します!

Oracle Cloud は似たような資格名称が多くて紛らわしい。。。

 

当社の良いところは?

当社の良いところは
事業部員の技術レベルが高く、何か困ったことがあっても、全体に投げかければ誰かが知恵を貸してくれるところです。
勿論、私も分かることがあれば投げかけられた疑問に答えます。

そういった Give and Take の精神がとても素敵ですね。

 

たろーちゃんは新卒生の質問に対しても一番最初に答えてくれます!
みんなに頼りにされていますっ。


 

投稿者プロフィール

DBひとりでできるもん運営チーム
DBひとりでできるもん運営チーム
「親しみやすさと技術力」をテーマに、技術情報・サービス・インフラ系資格取得に役立つ情報、社員等の情報をお届けします。
50名強の事業部員で鋭意、執筆中です。
少しでも弊社を知って頂けるよう、愛情込めて頑張ります!