はじめに

みなさん、こんにちは😀 Dbvisit Standby製品チームです。
今日は Dbvisit Standby

製品の保守(サポート)

について、ご紹介させて頂きたいと思います。
導入を検討する上で、サポートについて気にされている方も多くいらっしゃると思いますので、
こちらの記事で説明させて頂きたいと思います。
よろしくお願いします!😀

Dbvisit Standbyのバージョンの考え方/呼び方について

まず、Dbvisit Standbyのバージョンにはメジャーバージョンポイントという考え方があります。現在(※2020年11月時点)の最新バージョンである、「9.0.18」を例に説明させて頂きますと、
1つ目の「9」がメジャーバージョンを示し、3つ目の「18」が、ポイントを示しています。

サポート対象であるかどうかは、このメジャーバージョンとポイントによって決まっています。
サポート対象には、いくつか注意点がありますので、次の章でご紹介させて頂きます。

ご使用のバージョンがサポート対象かどうかは注意が必要ですね~

 

 

 

 

サポートされるバージョンに関する注意点

メジャーバージョンのリリース日から最低で3年間、
当該メジャーバージョンの、全てのポイントを含めて、完全にサポートされます。

最新バージョンがリリースされると、2世代前のバージョンのサポートが切れ、
1世代前のバージョンは、最新ポイントのみサポート対象となります。

最新バージョンのリリースに関わらず、メジャーバージョンのリリースから3年が
経過すると、当該メジャーバージョンの最新ポイントのみサポート対象となります。

※ポイントの値は例

上記の注意点を踏まえ、以下に、状況に応じた例を記載します。

バージョン9リリース
3年間、バージョン9の全てのポイントをサポート。

バージョン10リリース
バージョン8のサポート終了、バージョン9の最新ポイントのみサポート。

バージョン9リリースから3年経過
バージョン9の最新ポイントのみサポート。

現在(※2020年11月)のサポート対象は、
バージョン8の最新ポイントと、バージョン9の全ポイントとなります。

バージョンのアップグレードについて

上記で注意点についてまとめさせて頂きましたが、
サポート対象からはずれてしまった場合は、対象メジャーバージョン/ポイントへの
アップグレードが必要になります。

適切な製品サポートを受けるために、可能な限り最新のバージョンへのアップグレードをお願い致します。

なお、

● 前バージョンからのアップグレード

● 同バージョン内での最新ポイントへのアップグレード

については、プライマリのDBを停止することなく、短時間で可能ですのでご安心ください。

製品アップグレードについては、マニュアルに記載のある手順で対応可能ですが
ご不安やご懸念がありましたら、弊社にてご対応をさせて頂くことも可能です。
※費用はお見積りさせて頂きますのでお問合せ下さい。

アップグレードは影響が少なく、短時間でできるなら安心ですね!

 

 

 

 

最後に

Dbvisit Standbyの機能や利用方法・導入・費用については、より詳しい説明をご希望の方は、
どんな些細なことでもお気軽にお問合せ下さい🤵

お問い合わせはこちら📩

社内に保守体制もあり、Dbvisit Standbyに精通した専門の技術者がお答えします。
この環境・構成でも問題なく利用できるか』など、是非お気軽にお問合せ下さい。
ここまでご覧頂き、ありがとうございました😆

投稿者プロフィール

技術チーム
技術チーム
DBひとりでできるもんを盛り上げるべく、技術チームが立ち上がりました。ひとりでできるもんと言いつつ、技術者が読んでプッとなるような、極めてピンポイントでマニアックな技術ネタを執筆していきます!