はじめに

みなさん、こんにちは。
Oracle Cloud Infrastructure検証チームです。

今回は、OCI CLI(コマンドライン)によるOracle Autonomous Databaseの起動停止を検証してみましたので、ご紹介したいと思います。

 

前編後編2回に分けてのお届けになります🤗宜しくお願いします!

OCI CLIについて

OCI CLIは、Oracle Cloud Infrastructureのオブジェクトやサービスに関する各種操作をコマンドラインで実現するためのツールです。
Autonomous Databaseは、管理コンソールから簡単に起動停止をすることができますが、
起動停止をスケジューリングしたい場合など、OCI CLIが役立つ場面もあるかと思います。

OCI CLI(コマンドライン)によるAutonomous Database起動停止の流れ

下記の流れで説明を行います。

  1. OCI CLIのインストール
  2. OCI CLIインストール後の設定作業
  3. OCI CLIによるAutonomous Databaseの起動停止(次回)

それでは早速確認してみましょう。
よろしくお願いいたします!

入力するコマンドが青色、確認するところはピンク色になっています

1.OCI CLIのインストール

まずは、第一のステップ、OCI CLIのインストールをしていきたいと思います。

今回の検証は、以下の2つが構築済みであることを前提として進めております。

  1. Oracle Cloud Infrastracture – Compute VM Linux
  2. Autonomous Transaction Processing(以降、ATPと表記します)

OCI CLIのインストール前確認

まずはTeraTerm等のソフトウェアを使用して、
Oracle Cloud Infrastracture – Compute VM Linuxに接続します。
Linux環境に接続後、OCI CLIのバージョンを確認する以下のコマンドを実行します。
command not foundとなり、OCI CLIがインストールされていないことが分かります。

[opc@oci-instance ~]$ oci -v
-bash: oci: command not found

OCI CLIのインストール

以下のコマンドを実行しOCI CLIをインストールします。
の箇所でインストールディレクトリなどを指定することができます。
今回は全てデフォルトの設定で実行しています。

[opc@oci-instance ~]$ bash -c "$(curl -L https://raw.githubusercontent.com/oracle/oci-cli/master/scripts/install/install.sh)"
******************************************************************************
You have started the OCI CLI Installer in interactive mode. If you do not wish

(~中略~)

Running install script.
python3 /tmp/oci_cli_install_tmp_HzE3
-- Verifying Python version.
-- Python version 3.6.8 okay.
===> In what directory would you like to place the install? (leave blank to use '/home/opc/lib/oracle-cli'): ★インストールディレクトリの指定

-- Creating directory '/home/opc/lib/oracle-cli'.
-- We will install at '/home/opc/lib/oracle-cli'.
===> In what directory would you like to place the 'oci' executable? (leave blank to use '/home/opc/bin'): ★OCI CLI実行ファイルの配置先
-- Creating directory '/home/opc/bin'.
-- The executable will be in '/home/opc/bin'.
===> In what directory would you like to place the OCI scripts? (leave blank to use '/home/opc/bin/oci-cli-scripts'): ★設定ファイルの配置先
-- Creating directory '/home/opc/bin/oci-cli-scripts'.
-- The scripts will be in '/home/opc/bin/oci-cli-scripts'.
===> Currently supported optional packages are: ['db (will install cx_Oracle)']
What optional CLI packages would you like to be installed (comma separated names; press enter if you don't need any optional packages)?: ★追加オプションの指定

-- The optional packages installed will be ''.

(~中略~)

===> Modify profile to update your $PATH and enable shell/tab completion now? (Y/n): ★環境変数PATHの更新可否
===> Enter a path to an rc file to update (file will be created if it does not exist) (leave blank to use '/home/opc/.bashrc'): ★更新するプロファイルの指定
-- Backed up '/home/opc/.bashrc' to '/home/opc/.bashrc.backup'
-- Tab completion set up complete.
-- If tab completion is not activated, verify that '/home/opc/.bashrc' is sourced by your shell.
-- ** Run `exec -l $SHELL` to restart your shell. **
-- Installation successful.
-- Run the CLI with /home/opc/bin/oci --help
[opc@oci-instance ~]$ echo $?
0

OCI CLIのインストール後確認

再度、OCI CLIのバージョンを確認する以下のコマンドを実行し、インストールが成功したことを確認します。

[opc@oci-instance ~]$ oci -v
2.22.0

OCI CLIのバージョンが表示され、インストールが完了していることを確認できました!

2. OCI CLIインストール後の設定作業

次に、OCI CLIインストール後の作業に移ります。

先ほどOCI CLIのインストールに成功しましたが、インストール後すぐにOCI CLIを使用することはできません。
以下、大きく分けて5つの設定作業が必要ですので、引き続き確認してみましょう!

秘密鍵と公開鍵の作成

まずは以下のコマンドを実行し、秘密鍵と公開鍵の作成を行います。

[opc@oci-instance ~]$ oci setup keys
Enter a passphrase for your private key (empty for no passphrase):
Public key written to: /home/opc/.oci/oci_api_key_public.pem
Private key written to: /home/opc/.oci/oci_api_key.pem
Public key fingerprint: XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX
    If you haven't already uploaded your API Signing public key through the
    console, follow the instructions on the page linked below in the section
    'How to upload the public key':
        https://docs.cloud.oracle.com/Content/API/Concepts/apisigningkey.htm#How2

 

公開鍵の内容を確認します。(後続作業で使用するのでメモをしておきます)

[opc@oci-instance ~]$ cat /home/opc/.oci/oci_api_key_public.pem
-----BEGIN PUBLIC KEY-----
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
-----END PUBLIC KEY-----

ユーザーのOCID確認

コンソール画面から、ユーザーのOCIDを確認します。
メインメニュー左上のハンバーガーメニューから、アイデンティティ→ユーザーをクリックします。

次に、使用するユーザー名をクリックします。

ユーザーのOCIDをコピーし、メモしておきます。

APIキーの設定

続いてAPIキーの設定を行います。
ユーザー画面、リソース欄のAPIキーを押下します。

APIキーの追加を押下します。

公開キーの貼付けを選択し、先の手順で確認した公開キーの内容を貼付けます。
その後、追加を押下します。

追加完了後、フィンガープリントをメモしておきます。

テナンシのOCID確認

テナンシのOCIDを確認します。
メインメニュー左上のハンバーガーメニューから、管理→テナンシ詳細をクリックします。

テナンシのOCIDをコピーし、メモしておきます。

設定ファイルの作成

最後に、viエディタ等を使用し、設定ファイルを作成します。
設定ファイルの作成には、これまでに確認してきた各種情報が必要になります。

#---設定ファイルの作成
[opc@oci-instance ~]$ vi /home/opc/.oci/config

#---設定ファイル作成後の確認

[opc@oci-instance ~]$ cat /home/opc/.oci/config
[DEFAULT]
user=<ユーザーのOCID>
fingerprint=<フィンガープリント>
tenancy=<テナンシのOCID>
region=ap-tokyo-1
key_file=/home/opc/.oci/oci_api_key.pem

 

次回に続く

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回、OCI CLIを使用する準備が整いました。
次回は、OCI CLIを使用してAutonomous Databaseの起動停止をしていきたいと思います。
ぜひ次回もご覧ください!

OCI CLIのインストール作業については、以下のマニュアルもご参照ください。
https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/API/SDKDocs/cliinstall.htm

 

次回もご期待ください!

投稿者プロフィール

技術チーム
技術チーム
DBひとりでできるもんを盛り上げるべく、技術チームが立ち上がりました。ひとりでできるもんと言いつつ、技術者が読んでプッとなるような、極めてピンポイントでマニアックな技術ネタを執筆していきます!