はじめに

はじめまして!2019年に新卒で入社した、技術チームの金親と申します。
入社してからは主にOracleDatabase関連の構築作業に従事しています。

今回は弊社が構築させて頂いた、Oracle Database Appliance(以下ODA)の概要についてご紹介させて頂きます。

金親の他の記事はこちら
今回はODAについて、よろしくお願いします!

ODAについて

ODAはORACLE社によって開発された、サーバ、ストレージ、ネットワーク、OS、ソフトウェアが統合され、Oracle Databaseに最適化されている製品です。
そのため、サーバとストレージ・シェルフのシンプルな構成となっています。
また、Single構成と RAC One Node構成および RAC 構成に対応しております。
似たような製品として、弊社でも導入実績のある「Exadata」があります。

ODAはシンプルさが売り、
Exadataはとにかく高性能を求めるお客様向けです!

 

 

 

 

 

2021年3月時点におけるODAの最新バージョンはリリース19.9で、Oracle Database 19cに対応しています。
また、ODAのハードウェアモデルはSingle構成向けにX8-2SX8-2Mの2種類
 RAC One Node構成および RAC 構成向けにX8-2HAの1種類
のモデルがあります。

下記画像は、RAC構成のODA X8-2HAのものになります。


Oracle Database Appliance X8-2-HAフロント・パネル

 

番号 説明
サーバー・ノード1(ホストの2号機)
サーバー・ノード0(ホストの1号機)
ストレージ・シェルフ(DE3-24C)
オプションのストレージ拡張シェルフ(DE3-24C)*

*④のストレージ拡張シェルフはODAの基本ストレージの容量より
多くの容量が必要な場合に追加できるストレージです。

画像参考元
https://docs.oracle.com/cd/F36887_01/cmins/overview-oracle-database-appliance.html#GUID-424C6CB5-7255-4E50-BD6F-728B91BC07A0

 

ODAは要求に合わせて3種類から選べて、
必要に応じてストレージシェルフを追加できるのですね

ODAのメリット

高いパフォーマンス

ODAはハードウェアからソフトウェアまでがORACLE社によって選定されています。
そのため、Oracle Databaseに最適化されたハードウェア設計がされており、高いパフォーマンスが実現されています。

導入期間の短縮

ODAはOracle Databaseに最適化されたハードウェア設計がされています。
そのため、ディスク設計やOSの設計作業をほとんど行う必要がありません。
また、構築作業についてもアプライアンスの作成を行うことでOS部分やインストールの作業を実施する必要がありません。
これらの要素により設計、構築含む導入期間の大幅な短縮を実現しています。

シンプルな運用管理

ハードウェア、及びOracleソフトウェアにパッチを一括適用できるバンドルパッチが存在し、アップデート作業が容易です。
また、すべてのサポートがORACLEから一括提供されています。
さらに、同一構成のシステムが世界中で稼働しているため安心感があり、様々なケースに対応できるノウハウが蓄積されています。

コストの削減

導入期間の短縮により、導入費用の削減が可能です。
また、シンプルな運用管理ができるため、運用費用の削減も可能です。

必要な可用性レベルに合わせて選択可能なDatabase構成

ODAでは可用性レベルの高い順にRAC 」「 RAC  One Node」「Single」の三つの構成を柔軟に選択することが可能です。

メリットがたくさんありますね

 

 

まとめ

ODAはORACLE社によって開発された
ハードウェアからソフトウェアまでがOracle Databaseに最適化されている製品であり、高いパフォーマンス、導入期間の短縮、ORACLE社の一括サポートによるシンプルな運用管理を実現しています。

そのため、下記のようなご要望をお持ちのお客様におススメです。

  • 導入費用を削減したい
  • 導入期間を削減したい
  • 低コストで高いパフォーマンスを実現したい
  • 運用・保守の体制をシンプルなものにしたい
  • 世界中で実績のあるシステムを使用したい

ODAの概要の説明はいかがでしたでしょうか。
ODA構築、相談がございましたら、是非弊社にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら📩

投稿者プロフィール

技術チーム
技術チーム
DBひとりでできるもんを盛り上げるべく、技術チームが立ち上がりました。ひとりでできるもんと言いつつ、技術者が読んでプッとなるような、極めてピンポイントでマニアックな技術ネタを執筆していきます!